初春を感じる伊東旅

ひな祭りの会社終わりに最近のお気に入り、伊東へ向かいました
ひな祭り気分を盛り上げる為、車内で道明寺を頂きます

突然の旅行は相方がスノボで負傷したことと私の職場復帰に伴う神経痛ケアの為なのです
この間食べられなかった地魚も楽しみ♪

伊東に着くと先ずは「まるたか」さんへ


私は気になっていた海鮮みぞれ丼をChoice!
積み上げられた地魚の姿はまさにMt.富士

うず高く盛られた海の幸が食欲をそそる一品です

こちらにも食べ方指南書があります。


先ずは卵黄とわさびを混ぜ合わせ
自慢の地卵の卵黄とわさび

みぞれ丼にin!

卵黄がいいアクセント!濃厚新鮮ウマし!!

そしてこの丼ぶりを食べ終わったら店員さんにご飯とうずわ出汁をお願いして鯛茶漬けを頂きます。

うずわ出汁と鯛のハーモニー、絶品ウマし!!

そして相方の頼んだうずわ定食


こちらも味を変えて2度美味しいうずわ茶漬けに変化


うずわ出汁とうずわ茶漬け、ダブルうずわのパンチ力!
ウマくないわけがない~

イカ好きの相方Choiceのいか餃子
これ、お家でできないかな~

あっさりイカ味ウマし!

そして前回気になった「火星人」を注文

こんな火星人なら毎日会いたい!

あぶって香ばしウマし!!

思わず日本酒が欲しくなるところですが、本日はこの後、温泉と共に大切な用事があるのでグッと堪えて、宿に向かいます

宿はお気に入りの「大東館」さん
こちらは朝撮影


最近は頻繁に来ているので、言わなくても相方のゆかたを「特大」でスタンバイしてくれてました。感動~

そして先ずは大浴場でゆったり~

温泉で神経痛(私)と打ち身(相方)を癒したら、今回の大切な用事・・・

漫画(またしても・・・)


こちらのお宿も文庫(漫画)が充実しているので、2人で読書なのです。
前回新潟で読めなかった「宇宙兄弟」最新刊を期待していましたが、こちらでも26巻までしかなく

相方は宇宙兄弟1巻から読み直し、私は20世紀少年を爆読み。

そして初めての洞窟風呂にも挑戦!
ガクブル防空壕ロードを抜けて


掛け流しの五右衛門風呂


温泉と漫画を満喫なのでした。

翌日は前回癒された「猫の博物館」へ


前回モフモフをいっぱい触らせてくれたチャラ(男)くん(メインクーン)との再会にドキドキです

期待に胸を膨らませて猫の部屋に行ってみると・・・

不機嫌そうなチャラ男君

今日は人も多く、猫たちも不機嫌

拒絶するチャラ男君


まあ、猫の身になってみると次から次へとに触られてほっといてほしいのでしょうね

そんな中、入り口でお相手してくれるアイドル猫、「たると」君(スコティッシュフォールド)


全体的に丸いフォルムがとても可愛いです。


長毛種好きの相方もたると君にメロメロ
オモエもん風のしっぽと肉球が可愛い♡


強面のおじちゃん(他の客)も魅了するたると君

次の訪問時も会いに行きたくなる可愛さです。

にゃんこ達に癒された後は、腹ごしらえに
今回はピザを食べたい・・・ということで探したお店「プルチーノ」さんへ

初めてのお店だったのでドキドキしましたが、店内はゆったりとした良い雰囲気です。
窯焼きピザが自慢のお店なので、もちろんピザを注文。

サラダとハーブティーを頂いてほっこり

一つ目のピザは相方の好きなアンチョビのピザ、マリアーナ(モッツアレラ+アンチョビ+トマト)を注文

アンチョビの塩加減とモッツアレラとトマトの旨味のハーモニー、サックリピザ、ウマし!

そして2つ目のピザは4つのチーズが贅沢にのっかったクアトロフォルマッジ(モッツァレラ、タレッジョ、ゴルゴンゾーラ、グラーナパダーノ)

こちらのピザは先ずはそのまま頂きます。
チーズたっぷり、ウマし!!
昔はゴルゴンゾーラの風味が苦手だったのですが、今は大好きなので感動のうまさです。

そしてこのピザにははちみつが付いているので、これをのせると「あら、不思議」
チーズの塩気とはちみつの甘さがウマくマッチします。

うーん、2種類のうまさ。得した気分です

最後にデザートを頂いて
デザートのミルクプリン


満足のうちに高原ランチを終えると、宿のエレベータに紹介されていた伊豆高原駅のオオカンザクラを見に行ってみます

オオカンザクラは早咲きのオオシマサクラとカンザクラの交配種で伊豆高原駅前の道沿いに綺麗に咲いています。


可愛いピンクの桜です。


今年も河津桜が見れなくてがっかりしていたのですが、思わぬ桜との出会いにすっかり春気分
私の好きな桜くん


あっ!鳥さんが!




少し早い春を伊豆の春を満喫~
また近いうちに出没したいと思った休日なのです。

今年の冬を堪能したい旅行②~ほっこりひなの宿ちとせとぽっぽや

早めの到着となりましたが、松之山温泉に着いても相変わらずの雨…

外を歩く事もできず

宿の向かいにあるまるたかさん、こちらのしんこ餅と味噌が絶品!


早めに今宵の宿「ひなの宿 ちとせ」さんへ

このお宿はお気に入りのお部屋があることと、お気に入りの漫画がある為、激リピート中のお宿なのです。

お部屋はいつもの「山ぼうし」


部屋付き露天風呂がお気に入りです。

日本三大薬湯といわれる松之山温泉はとっても山奥にあるのですが、とても塩分の濃い温泉です。
約1200万年前に閉じ込められた海水が温泉として湧きだしているそうで、温泉はうっすらと石油のような匂いが漂っている珍しい温泉です。

勿論塩泉なのでとっても温まり、神経痛にビシバシ効く~

そして温泉に入ったらちとせ文庫で漫画を物色・・・


1年間楽しみにしていた「宇宙兄弟」の続きを・・・
と思ったら残念ながら新刊が1冊しかなく
仕方がないのでいつもの「美味しんぼ」を熱読しているとあっという間に夕飯の時間に。

郷土料理が使われた前菜は毎回ほぼ同じですが、ココでしか食べられないので楽しみです


そしてメインはお気に入りのしゃぶしゃぶコース


これまたここでしか食べられない雪下人参たれウマし!!
この人参たれは人参ジュースとお味噌で作っているそうです。
こういう発想って素晴らしい!!

山の中ですが、日本海の美味しい海の幸も頂けます。関越道に感謝
カツオ、サーモン、サワラのお刺身


新鮮、プリプリウマし!

そしてこ郷土料理の鯉コク
二股に分かれている鯉の骨って不思議
 

鯉の身、ホロリ…ウマし!

ちょっとおしゃれなプリプリしんじょ


これまた郷土料理の山菜とニシンの煮物


日本人の心じんわり煮物、ウマし!

そして棚田のコシヒカリを頂いたら
自慢のお米は艶が違うのです


酒粕プリンのデザートを頂いて


満足のうちに今回も夕飯を終えました


翌日の朝食はご飯が美味しく頂ける純和定食
ご飯のお供が豊富なついつい食べ過ぎちゃう朝食


チェックアウトギリギリまで漫画三昧で外にでると…
一変して雪模様・・・。


相方の腕に可愛い雪の結晶発見!


昨日行った雪まつりにも顔を出しましたが駐車場に停められず断念

早めの昼食へ向かいます
いつもの「松海寿司」さんへ向かう途中、近くにある土市駅に寄ってみました。


雪深い~


無人駅なのでシンとした静寂で包まれています
なんか、ぽっぽや気分~
線路内の立ち入りは禁止です


この駅は雪祭りへの行程を検討していた時に見つけたのですが、1日8本しか電車が止まらない駅なのです。

1日8回だけど頑張る駅…
雪景色も印象的でした

駅に感動した後は、いよいよ「松海寿司」さんへ
支度中にびっくりしましたが、実は営業中


私はいつものおまかせ寿司を


コシヒカリの甘みと新鮮なネタ、絶妙ウマし!!

コチラのお寿司は間違いない
相変わらずの安定感です。

そして相方のバラちらし(特上)


日本海の宝石箱や~(byヒコマロ)

そして追加のおまかせ寿司


我慢できずお土産に松海巻きとサババッテラ


うう…毎日食べたいうまさ

今回も満足のうちに帰途につきました

冬の新潟、ありがとうございました!

今年の冬を堪能したい旅行①~憧れの聖地でウマし!連発

先週末は毎年楽しみにしている冬への触れ合い新潟旅行へ行きました。→去年の記事
昨年同様、水上に前泊して目的の松之山温泉へGO!

関越トンネルを抜けると一面の雪!
関越道。暖冬とはいっても去年と比べるとかなりの量です



本日は東京は18度と春の嵐らしく、新潟も良い天気。


…からの土砂降り



予定していたスノーボード(私は見学予定)も断念し…


夕方から始まる十日町雪まつりの会場を見に行くことにしました

行ってみると、残念ながらまだ準備中…



会場以外にも有志が作成した雪像もあり、やっぱりお祭りの完成作も見たいな~
かわいいリラックマ~


(翌日行ってみましたが、駐車場が激混みで停めることが出来ず断念…)

お土産に珍しいイチゴを買って
ちょっと固い桃の風味がします


今年はゲレンデ飯も食べられず、どこに行こうか…
悩んでいると相方が「あそこに行ってみよう!」と。

どこに行くかというと…
↓ココ
1m以上の雪に埋もれた看板


そう!
孤独のグルメseason3で井之頭五郎が訪問していたお店なのです!
外観も良い雰囲気の峠の茶屋 蔵さん


初めての聖地巡礼!
テンションアゲアゲMAXで入店すると、お昼を過ぎていたのとあいにくの雨でお客さんは私たちだけ。

店内には所々に孤独のグルメの影が…


サインと写真も!


そして勿論、五郎にならい、私は五目釜飯を注文

注文後に生米から炊いてくれます。

キノコ・鮭・エビ・カニ・鶏肉・鰻が入ってなんと1380円!


女将さんから「一膳すくったら、すぐに蓋を閉めてください」と食べ方の指南を受けて、いざ実食!

お出汁のきいたボリューム釜飯!
これぞウマイケルジャクソン!!(by五郎)

あっという間に食べてしまい、二膳目をすくうと更に蒸されてご飯がふっくら。
女将さん、この為に蓋を閉めてとおっしゃったのですね…

そして相方注文の牛肉の煮込み定食
こちらは牛肉たっぷりでなんと1080円!


先ずはそのまま、そして半熟卵をからめ、最後は五郎風にご飯にぶっかけ
こちらは3種類の食べ方ができるのです。

牛肉ホロホロ、卵が良いアクセントでこちらもたまらん!
ウマし~!!

相方がご飯に牛肉の煮込みをかけて掻き込む姿は、まさに井之頭五郎!
(後で気づいたのですが、席も一緒だった!!)

塩にぎり(150円)も追加したいところでしたが、夕飯があるのでぐっと我慢。

気さくな女将さんとも話が弾み、とても満足なランチタイムを過ごせたのでした。


お店を出て次はどこに行こうか~

去年行った美人林に行ってみても、雨の為、林を歩くことができず…
去年より雪深い美人林


ちょっと早いけど松之山温泉に向かうことにしました

②へつづく

久しぶりの 「心配ないさ~!!」

私の神経痛悪化と相方の龍が如く(ゲーム)専念により、すっかりインドア派になってしまった二人・・・
ロマンチックにもバレンタインの夜に久しぶりに街に繰り出すことにしました。

行先は劇団四季(春)劇場 in 浜松町!!


実は四季会員の私・・・
2009年に観たキャッツを最後にすっかり観劇から遠ざかっていたのですが、以前拝見したぴしくるさんご夫婦の四季観劇に触発されて、予約してしまいました!

久しぶりの劇団四季は初心者の相方がわかりやすいように「ライオンキング」にしてみました。

ちなみに私はライオンキングは今回で10回目・・・

とはいっても最後に観てから、10年以上経過しているのでとても楽しみです!

仕事帰りの相方と劇場前で待ち合わせ。

この辺りも再開発で随分と変わりましたね。

かなりのロングランなので油断して予約をしていなかったら、あっという間に席がうまってしまい…
なんとか前席をとったものの、四季会員にあるまじき端っこの席!


しかも劇場に入るとほぼ満席。
独りで見に来ている人も多くてライオンキングの人気を再認識しました。

私が見に行っていたときの役者さんはほとんどいなくなってしまい、音楽の生演奏もなくなってしまったのは残念でしたが、さすが劇団四季!!
舞台装置はスゴい!
久しぶりに大感動です。
相方も満足したようで、四季導入編としては大成功!

観劇後は興奮冷めやらぬ中、豪華ディナー


・・・ではなく


行きつけの中華屋さん
いつもの炒飯&餃子、ラーメンと炒め物一品を選びます。
味のある直筆メニューがたまりません


今日のラーメンはもやしそばと茄子肉みそ炒めにしました。

バラバラに盛られた餃子がたまらない!


小さな中華屋さんですが、餃子も皮から手作りの本格派でかなりウマし!!

そして自慢の炒飯!
コロコロチャーシューと絶妙なパラパラご飯 withスープ

ウマし!!
私の中で炒飯はこのお店がNo.1です。

サバオ似の店主のおじちゃんと話すとほっこり穏やかな気分になれるので雰囲気も大好きなお店なのです。
しかもこんなに食べて二人で2010円!安い!!

美味しいご飯と感動の劇団四季!!

神経痛も忘れ、気分はすっかり盛り上がり、次は横浜に「オペラ座の怪人」を見に行こうと相方と共に誓ったのでした!

那須の湯治とサバオ慰問

すっかりご無沙汰してしまいました。
今年もボチボチ、ブログを書いていきたいと思います。
本年も宜しくお願い致します!

-----------------------------
年が明けて急に寒くなったからか私の神経痛が悪化したのと、老人ホームに入ったサバオ(羊)いじめ問題が気になった為、相方が那須に連れて行ってくれました。

かつてのサバオハウス(日当たり良好の一軒家)




今回は浅草から東武線で日光→レンタカーで那須へ向かいます。
さすがは世界遺産!外国人旅行者が沢山いました


日光で観光をしても良かったのですが、今回は私の神経痛問題と相方提案で食べたいものがあったので早々に那須に向かいます。

日光観光を押してまでも食べたかったもの…
それは塩原名物「スープ焼きそば」!!

当初訪問を予定していたお店「釜彦」さんが15時までだったので急いで向かったのですが、14時半到着でなんと…



そうなのです。
売り切れた場合は閉店になってしまうお店なのです。

気分はすっかりスープ焼きそばだった為、第二候補の「こばや食堂」さんへ。

「釜彦」さんは温泉街から移転して綺麗なお店になっていましたが、こちらのお店も改装されており、中はきれいな中華屋さんという感じでした。

ちょっと前にスープ焼きそばブームがあったから、儲かったのかな…

そしてこれが期待のスープ焼きそば!!


事前のリサーチによると「釜彦」さんのスープ焼きそばには鶏肉が、「こばや」さんのスープ焼きそばには「豚肉」が入っているそうです。


腰のあるソース麺にからむ、鶏ガラベースと思われるあっさりスープ!
初めての味、ウマし!!

スープ焼きそばってなんとなく麺が柔らかめのイメージがあったのですが、全くそんなことは無く、最後まで腰のあるシコシコ麺を楽しむことが出来ました。
今の私にはこんなしっかりしたコシ、羨ましい・・・

食べ進むごとに麺にからんでいるソースがスープに溶けだして、スープの味が変わっていくのもGoodです!

そして炒飯大好き相方の希望により注文した炒飯



優しいお味、ウマし!

なんだか母親が作った炒飯を思い出す、懐かしいお味でした。

興奮のうちにスープ焼きそばの昼食を終えると、私の神経痛も思わしくないため本日のお宿毎度の「小鹿の湯 はなやさん」へ向かいます。

とにかく今回は温泉&サバオがメインの旅行なので、宿に着くと温泉三昧!

安定の濁り湯~ 神経痛にビシビシ来ます

ぐったりと寝ている相方を尻目にチェックアウトまで5回程温泉を楽しみました。
貸し切り風呂A  露天風呂なので、入るまで寒い!!


貸し切り風呂B こちらの方がゆったり~


やっぱり、冬の濁り湯は最高です!!
おかげでお肌もツルツル


翌日はいよいよサバオの慰問・・・。
前回の年末の訪問の際にちょっと元気がなかったので、心配です・・・。
ヤギたちと別の部屋に入っているといいのですが・・・。

ドキドキしながら訪問すると・・・
サバオは同居人と共にお食事タイムでした。

しかもサバオが食事の藁を食べようとすると、また白いヤギに耳を嚙まれているし・・・

その白いヤギはもう一匹の若いヤギに体当たりされていて、サバオの部屋では若いヤギ>白いヤギ>サバオというピラミッドが出来上がっていました。

今回私たちが面会に行くと気づいたサバオが寄ってきて、なんだか嬉しそう。

ヤギたちは藁の食事に夢中だったので、そのスキに餌をいっぱいあげられました。


通常の食事の妨害にあっているサバオは何だかちょっと瘦せたみたいで、とても心配になりました。
最後は頭をなでなでして後ろ髪惹かれながらその場を離れました。


また、近いうちに様子を見に行かなければ…。


サバオとの面会が終わると、次は慌ただしく日光へ戻ります。

その理由はやはりグルメ!!
しばらく行っていなかったゆば屋さんで昼食をとる為、ラストオーダーの14時までに目指すお店へ戻る必要があったのです。

相方のナイスドライビングにより、13時45分には目指す「まつたか」さんへ到着です。


こちらの湯葉屋さんは以前隣にある「日光おかき工房」に訪問した際に発見したのですが、日光に来るときはこちらで湯葉頂くのを楽しみにしているのです。

本業は湯葉の製造販売なのですが、傍らでやっている食事もなかなか・・・。
2人とも定番の湯葉そばを頼みます。


久々の湯葉そば、本格的な味、ウマし!!

湯葉は勿論ですが、そばもなかなか本格的でかなりウマしです。

そして今回初挑戦の揚げ湯葉


七味醤油で頂きます。
アツアツ、まるでお肉食感!
これまたウマし!!

サバオの慰労でちょっとブルーだった気分が、一気にほっこりしました。

そして、調子にのってお土産湯葉を買いすぎた~
魅力的な湯葉たち いろんな湯葉があります



今回の旅では私が調子悪くあまり観光はできませんでしたが、いつも温泉に連れて行ってくれる相方に感謝


鹿の湯温泉のおかげで神経痛もちょっと良くなったし、頑張ってまた近いうちにサバオ慰労訪問をしなければ。
と誓ったのでした。
プロフィール

nyanu53

Author:nyanu53
ねこと温泉を愛するOLです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR